円満退職するためのスケジュール その3

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

円満退職するためのスケジュール3

業務の引継ぎなど

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

円満退職

円満退職するためのスケジュールの続きです。

円満退職するためには、余裕のあるスケジュールを立てておくことが大切です。
時間に余裕のない退職日を設定してしまうと、退職がなかなか承認されない焦りから上司にけんか腰になってしまったり、業務への取り組み方が雑になったりしてしまいます。
また、転職活動にも影響が出てしまうでしょう。

業務の都合もあり、どうしても抜けられない期間も存在するのも事実です。
退職のスケジュールは余裕をもって考えておくと気持ちが楽になるでしょう。

 

5.業務の引継ぎ

業務の引継ぎが非常に重要です。
あなたが退職した後も、スムーズに業務が動くように引継ぎ情報をまとめておきましょう。
最悪なのは、転職先に頻繁に「あれはどうだったっけ?」と電話がかかってくるケースです。
実際にあるようですが、これは新しい転職先でのあなたの評価を下げることにもなりますし、何より元同僚に多大な負担をかけることになってしまいます。

引継ぎノートを作り、細かな関連情報なども残すことで、こういったケースを防ぎやすくなります。
業務の引継ぎには、時間をかけてしっかりと引継ぎノートを作成しましょう。

後任者を連れて、得意先を回ることもお忘れなく。

 

6.挨拶回りなど

取引先などの退職の挨拶と後任の紹介をしたか、確認しましょう。
郵便物の中で、送付先を変更するものがあれば変更も忘れずにしておきましょう。

 

7.身辺整理

退職を前に、身辺整理をしましょう。

会社から借りているものは返し、預けているものは返してもらいます。
社員証、健康保険証、定期券などを返却します。
そして、年金手帳などを会社に預けていれば返してもらいましょう。
会社支給のパソコンがあれば、データの整理もしっかりとしておきましょう。

 

8.退職

ようやく退職となります。
退職には意外と体力が必要なものですから、数日休むことも良いかもしれませんね。

退職当日は、職場の方への挨拶も必ずするようにしましょう。

次の記事 ⇒ 業務の引継ぎ 引継ぎノート

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?