業務を引き継ぐための準備

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

業務の引継ぎ 引継ぎノート

業務の引継ぎなど

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

業務を引き継ぐ準備

円満退職するためのスケジュールでも書きましたが、業務の引継ぎは非常に大切です。

退職願を提出したら、退職の日を迎えるまでは業務の残りの処理と引継ぎを行います。
退職日が近づくと、思いのほか忙しくなることがありますので、引継ぎなどには余裕のあるスケジュールを考えておきましょう。
退職日の前日まで引継ぎや残務処理に追われることのないようにしましょう。

引継ぎで大切なことは、口頭で全て済ませてしまわないということです。
自分が逆の立場になると分かりますが、口頭で全て説明されても、全てを記憶することは殆ど無理です。
ですので、後に残る同僚のためにも、後から困ることのないように引継ぎノートを作成すると良いでしょう。

引継ぎノートにはあなたが退職した後も、スムーズに業務が動くように引継ぎ情報をまとめておきましょう。
取引先の様々な情報を書いておくと、後から情報を読むときに便利です。

最悪なのは、転職先に頻繁に「あれはどうだったっけ?」と電話がかかってくるケースです。
実際にあるようですが、これは新しい転職先でのあなたの評価を下げることにもなりますし、何より元同僚に多大な負担をかけることになってしまいます。

引継ぎノートを作り、細かな関連情報なども残すことで、こういったケースを防ぎやすくなります。
業務の引継ぎには、時間をかけてしっかりと引継ぎノートを作成しましょう。
起こりやすいトラブルや注意事項は特に気をつけて記載するようにしましょう。

次の記事 ⇒ 業務を引継ぎたいが後任者がいない

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?