業務の引き継ぎができない

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

業務を引継ぎたいが後任者がいない

業務の引継ぎが出来ない・・・

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

後任がいない

退職の了承は得たが、実際は業務を引き継ぐ人がいなくて困った、退職日を伸ばして欲しいとお願いされるケース。
これは、意外と多いようです。
小さな規模の会社だと多いのではないでしょうか。

就業規則に沿って退職願(退職届)を提出しておいても、肝心の業務の引継ぎができなくて退職したくても出来ないことになります。
しかし、次の退職後の転職が決まっていたら非常に困ってしまいます。
ある程度までは退職日の延期には協力しつつ、この日までには退職しなければまずい、ということを何度も交渉していく必要があります。

業務の引継ぎを誰にもせずに退職日を迎えることもあるかもしれません。

そんな場合は、引継ぎノートをしっかりと作りこむ必要があります。
これさえ読めば誰でも業務の引継ぎができてしまう、というくらいに作り込んだノートを作ると良いでしょう。

退職後にあまりに頻繁に業務についての質問の電話が来るのはやはり困ります。
それを防ぐという意味からも、しっかりとして引継ぎノートを作っておくのが望ましいといえます。

次の記事 ⇒ 退職するときのタブー

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?