円満退職をするためのスケジュール

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

円満退職するためのスケジュール

退職 - 円満退職

退職のスケジュール

円満退職

どうせ退職するのでも、円満に退職して気持ちよく、次の職場で働くことをスタートしたいですよね。
円満退職するにしても、準備が必要です。

退職することを決めた後は、一日でも早く会社を辞めたい気持ちも出てくるかとは思いますが、しっかりと余裕をもったスケジュールをたてて、業務の引継ぎや、転職活動、取引先への挨拶などを済ませていきたいところです。

仕事の忙しさや引止めなどもあって、なかなか思った通りの日程では退職できない事が多いのではないでしょうか。
そういったことも考えて、来月退職する!ではなく、長めのスケジュールを組んでおくと焦らずにすむでしょう。

退職で失敗すると、次の転職先での仕事に響くケースもありますので、しっかりと退職手続きをして、円満退職をするようにしてくださいね。

 

円満退職するためのスケジュール
 退職をするのであれば、円満退職を目指しましょう。

円満退職するためのスケジュール2
 円満退職をするためのスケジュールは余裕をみておくと良いでしょう。

円満退職するためのスケジュール3
 業務の引継ぎやあいさつ回りなどもしっかりと。

業務の引継ぎ 引継ぎノート
 業務をスムーズに引き継ぐために、引継ぎノートを用意してみるのも良いでしょう。

業務を引継ぎたいが後任者がいない
 引継ぎをする後任がいなくて退職が遅れてしまう。

退職するときのタブー
 退職するときに避けることについて。

退職する時期を決める
  退職日の設定は非常に大切です。失業給付や退職金なども絡んでくることがあります。

 

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?