技術士の求人内容

起業で活躍するか、独立するか

技術士には、資格を取り、独立して事務所を構えている独立技術士と企業に就職して、企業内で活躍する企業内技術士があります。

技術士の多くはコンサルタント会社や一般企業に就職して企業内技術士となり、約11%程度の人がコンサルティングエンジニアとして独立しています。

技術士の求人、仕事内容

技術士の求人の内容の例としては、、地方自治体や国土交通省などからの依頼を受けダムや河川のゲートの技術提案するというものがあります。

設計や技術提案、点検、検討、仕様決めなど幅広い業務を行うことになります。こちらの求人情報のモデル給与としては、技術士としての経験をもつ人では年収700万円以上となっています。

その他の求人の具体例としては、道路や上下水道、区画整理などの設計を行う建設部門の技術士の求人もあります。こちらの求人も技術士資格を持った人を対象にしており、月給例としては35万円〜45万円となっています。

技術士という資格を持っていても、実務経験の年数や実際に手がけた仕事の内容、キャリアによって得られる報酬は変化します。

また、技術士を募集している企業の中には、現在、技術士という資格を持っていなくても技術士を目指している人を応援してくれるところもあるようです。