退職の引きとめについて

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職の引きとめについて

退職を引き止められたら

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

引き止められる理由

退職の意思を伝えた際、一般的には引き止められることが多いでしょう。
引き止められたときは、なぜ引き止められたかを考え、さらに退職したいことを説得する必要があります。

・忙しい時期なので、辞めさせてくれない

これが一番多いパターンなのではないでしょうか。
忙しいので、辞めるタイミングがない、というケースです。
実際、退職願(退職届)は早い段階で出したものの、本当に退職できるまでに半年かかった、などよく聞く話です。
これは業務の繁忙期を見極め、そこに照準を合わせて退職したいことを地道に交渉していくしかないのかもしれません。
また、責任のある立場に就くと余計に退職しにくくなりますので、退職したいのであれば上手くそういった立場に就かないように配慮しておく必要があります。

・退職理由が曖昧で、説得力に欠ける

退職理由が曖昧で、上司を説得しきれないケースです。
退職理由を見直したりする必要があります。

また、人が好い方であれば上司の説得に負けてしまい、そのままずるずると働いてしまうという事もあるかもしれません。
もう一度、退職理由を見直し、退職する決心が揺るがないのであれば、キッパリと退職したいことを再度伝えるようにしましょう。

説得したら退職を撤回する、と思われているうちは、退職願は受理されるのは難しいでしょう。

・待遇に不満があってわがままを言っているだけだと思われている

待遇に不満があって、ただ単にわがままを言っていると思われている場合です。
退職理由を、待遇の悪さや職場環境、人間関係などを言ってしまった場合に起きやすいケースです。

退職したい理由が待遇=改善できるもの、と思われていますので、改善するから残ってくれ、退職を撤回してくれといわれると、あなたには退職する理由がなくなってしまいます
さらには、一度退職の意思表明をしたあなたに会社側は警戒しますので、その後にも影響があるでしょう。
退職理由を伝える際には、本当の退職理由が待遇や職場環境などであっても、家庭の事情で、などと伝える方が良いでしょう。

退職理由は退職するために非常に大切な部分です。
しっかりと考えて、納得させられる退職理由を作成しておくことが重要です。

また、退職理由は転職活動での就職面接でも重要になってきます。
十分な時間をかけて、練り上げるようにしましょう。

また、何度も退職の交渉をしたが、受け入れられない場合、居住地の労働基準監督署に相談してみると良いでしょう。

次の記事 ⇒ 退職願の保留

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?


 

退職願

退職にまつわることを掲載しています。
退職することを決断したら、準備をしていきましょう。

このカテゴリでは退職引きとめについて掲載しています。
退職の意思を伝えた際、一般的には引き止められることが多いでしょう。
なぜ引き止められたのかを考えて、退職したいことを続けて説得することが必要です。

退職引きとめ カテゴリ一覧

その他のカテゴリトップへ

オススメ記事