退職願を保留された場合

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職願の保留

退職願を預かりとされたら

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職願が保留になる

退職願(退職届)を提出したが、上司が保留している、という事もあると思います。

退職願を受け取るのではなく、「預かる」というケースです。
これは、退職願を受理されていない状態となります。

退職願を預かる、保留するといった理由を考え、再度交渉する必要があります。

通常、退職する意思を伝えることは、就業規則で定められた期日までに行うことになります。
退職願については、退職日を上司と相談し、退職する日の直前に提出することが多いかもしれません。
しかし、退職願を提出することで、退職日を証明することができますので、早めに提出しておくのが安心です。

退職願を預かっている間に、退職の引きとめをしようというケースや、職場の都合を考えずに、勝手な退職日を入れて提出した場合などの保留されることが多いようです。
再度、上司に退職したいことを交渉する必要があります。

★オススメ記事もごらんください

転職活動のオススメはこちら
本当の退職理由と表向きの退職理由
失業保険や年金手続き、退職後の準備は大丈夫ですか?
クレジットカード、退職後は審査が非常に厳しくなるのをご存知ですか?

 

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?


 

退職願

退職にまつわることを掲載しています。
退職することを決断したら、準備をしていきましょう。

このカテゴリでは退職引きとめについて掲載しています。
退職の意思を伝えた際、一般的には引き止められることが多いでしょう。
なぜ引き止められたのかを考えて、退職したいことを続けて説得することが必要です。

退職引きとめ カテゴリ一覧

その他のカテゴリトップへ

オススメ記事