退職の引きとめについて

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職の引きとめ

退職の意思を伝えたら

退職の保留

退職したいという意思を伝えた場合、一般的に退職を引き止められることが多いでしょう。

退職を引き止められる理由は様々です。
純粋にあなたを心配しているのかもしれませんし、自分の管理能力の評価を心配しているのかもしれません。
または、忙しい時期で人材が抜けることは絶対に避けたいと考えているためかもしれません。

退職の引きとめにあった場合、上司を説得しなければなりません。
そのためにも、退職理由はしっかりと前向きで論理的なものを用意して準備しておきましょう。

 

退職の引きとめ
 退職の意思を伝えた際、一般的には引き止められることが多いでしょう。理由は様々考えられます。

退職の引きとめについて
 引き止められたときは、なぜ引き止められたかを考え、さらに退職したいことを説得する必要があります。

退職願の保留
 退職願(退職届)を提出したが、上司が保留している、という事もあると思います。

 

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?


 

退職願

当サイトは、退職願の書き方や退職するにあたって必要な情報をまとめたものです。
退職願の書き方、退職理由、転職についてなどをまとめています。

このカテゴリでは退職の引きとめについて掲載しています。
一般的に、退職しようとした場合に引きとめがあることが多いです。

退職引きとめ カテゴリ一覧

その他のカテゴリトップへ

オススメ記事