医療事務 求人 未経験

男性の医療事務について

医療事務の仕事は一般的には女性の職場であるイメージが強い傾向にあります。受付で対応してくれるのはほとんどが女性だと言ってもいいでしょう。

医療事務の仕事はやはり、女性に人気があり、また多くが女性である医療事務の仕事ですが、もちろん男性でも医療事務の仕事に就くことは可能です。

実際、数は少ないものの、医療事務の仕事に従事する男性も増えてきているようです。

男性の医療事務スタッフが少ない理由

男性の医療事務スタッフが少ない理由の一つには、数多い診療所規模からの医療事務求人がパート形態を取っているということもあります。その為必然的に女性が増えてしまうのでしょう。

また、女性のほうが男性よりも人当たりがやさしいといった先入観も多少は関係しているかと思いますが、男性のほうがずっとやさしく穏やかな場合もありますよね。

女性と違い、男性の医療事務スタッフは幹部候補としての期待や責任を背負うこともありますし、また、スタッフのまとめ役としても男性の医療事務士の期待は高まっています。

医療事務の仕事

男性の医療事務スタッフを見かけるのは大きな病院がほとんどで、小さな診療所やクリニックで見かけるのは女性の医療事務スタッフです。

医療事務の仕事には残業はつきものであり、また夜勤などもあります。育児中や既婚者の女性はこういった残業や夜勤業務を行なうのが難しい場合も多いですが、男性の場合はこれらの残業に加えて当直業務に当たるなど、求められる期待は高いと言えます。

その為、総合病院などの大きな医療機関は男性の医療事務スタッフを求めて求人、募集をかけているところも多く存在します。

また、比較的女性の多い医療事務の職場では結婚や出産などでの退職者も数え切れません。男性の場合はこういった理由での退職がないので、一般の企業と比べると管理職候補として早くから仕事を任されることも多いようです。

経験や資格に関しては女性も男性も同じです。未経験で資格のない場合は性別に関係なく就職に影響が出ます。

率の少ない男性の医療事務スタッフ求人ですから、男性の場合は特に通常から自分のスキルアップに努め、求人が出ているときには自分がその資格対象であるよう努力しておきたいものですね。

⇒ 医療事務 正社員・派遣が見つかる人気サイトランキング。未経験OK求人さがしも↓
医療事務 求人、募集、派遣の人気サイト

医療事務 求人【特集】未経験から正社員までメニュー