自己分析 就職活動、転職活動の前にしっかりと

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

自己分析 就職活動、転職活動のこと

自己分析をする

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

就職活動での軸を作る

自己分析についてです。

就職活動がはじめての場合。
転職活動がはじめての場合。

不安なことも多いかもしれません。
過去に経験した転職活動、就職活動を基にして、色々と書いてみようと思います。

実は、高校や大学、大学院、専門学校などの新卒者の就職活動と、既にある程度のキャリアをもつ転職希望者(中途採用)、第2新卒の転職活動では、就職活動や転職活動の仕方が変わってきます。
よく考えてみると当然なんですが、キャリアの浅い第2新卒の方などは、たまにその辺りがよく分かっておらず、昔新卒者だった頃のままの転職活動をしてしまい、なかなか内定がもらえないというケースもあるようです。

転職活動をする場合に、最も気をつけたいのが、前に働いていた(働いている)会社をどうして辞めたいのか、という退職理由です。
ここで面接官を納得させられるような退職理由を用意しておけないと、非常に厳しい面接となります。
では、面接官はどういった答えをいやがるでしょうか。
やはり、後ろ向きな退職理由は駄目なようです。
例えば、職場の人間関係が合わなくて退職しました、などです。
コミュニケーション能力や協調性のなさを疑われ、仮に入社したとしても、また同じ理由で退職してしまうのではないかと思われてしまいます。
そうではなく、前向きな答えを用意して、面接官の質問をしっかりと受け止めて答えられるように準備をしておきましょう。

また、退職した後はクレジットカードを作ることが困難になります。
もしもに備えて、クレジットカードを作っておくのも良いでしょう。
絶対に必要ない、という場合やポリシーとしてクレジットカードを作らないというのであれば特に必要はないです。
しかし、社会人たるもの、急な出費なども多いです。

就職活動に転職活動。

本当に希望する仕事に就くには、大変な壁が待っていると思います。
しかし、しっかりと自己分析をして就職活動、転職活動に臨むことで内定がもらえるはずです。
準備をしっかりとして、求職活動に臨みましょうね。

次の記事 ⇒ 自己分析をしっかりと

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?