自己分析 転職と新卒の就職活動の違い

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

転職と新卒の就職活動の違い

自己分析をする

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

志望動機、退職理由など

転職と新卒の就職活動の仕方は、当然変わってきます。
既にある程度キャリアを積んでいて、即戦力が期待される中途採用者と、これからに期待する新卒者。
当然、就職試験における準備の仕方が変わってきますよね。
第二新卒といわれる間は通用しますが、それ以降、一般的に30歳を過ぎてからの転職では、熱意だけをアピールしてもなかなか内定をもらうことは厳しいでしょう。

どうせコストをかけるのであれば、吸収力のある新卒者が良いと考えるはずです。
なによりも、初任給なども、新卒者の方が安いですから、経営上コストが抑えられます。
また、どちらが長く働けるか、ということを(仮定して)考えても、新卒者なのです。
そのため、中途採用に応募する場合は、しっかりと面接に向けて自分の職歴やスキルの棚卸しをしておかなければならないでしょう。
これまでの経験、スキル、資格、どれだけの人数をリーダーとしてまとめていたのか、即戦力として通用するところをアピールすることが必要です。

しかし、異業種への転職をする場合はまた違ってきます。
今までやってきた仕事・職種と関係のない職業に転職することは今までの経験がなかなか生かす場がない事が予想されます。
全く今までの経験が生かせない、という事はないでしょうが、やはり謙虚な気持ちで新しく学びなおす気持ちが大切です。

また、面接などでも年齢を重ねてきている分だけ、ハードル、企業側の期待が高くなることも忘れてはいけません
それすらも跳ね返すだけの魅力的な人材に魅せることが必要です。
異業種転職をするのであれば、本格的に転職活動、求職活動に入る前にその業種のアルバイトや関連する資格などを取得しておくのも良いかもしれません。
面接において、アピールできることが増えますので。

中途採用を目指す転職に比べて、新卒者は実務経験がありません。
ですので、将来の可能性と仕事に対する熱意などが中心となって判断されます。
期待値、で採用されます。

中途採用、新卒者、どちらの就活、転職活動においても、求められるのは熱意、やる気です。
どんな凄いスキルを持っていても、会社に入ってから活躍するぞ!という熱意のない人材は魅力的には見えないものです。
魅力ある人材と思ってもらうためには、自己分析をし、自分のやりたいこと、苦手なこと、得意なことなどを総ざらいにし、企業研究をし、それにあわせて熱意の伝わる志望動機を作ることが大切になってきます。
もちろん、中途採用の場合は退職理由もしっかりと考えておくことが必要です。

次の記事 ⇒ 

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?