自己分析 就職面接での質問について

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

就職面接での質問について

自己分析をする

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

面接試験での質問など

就職の面接についてです。

求職活動、色々な方法で求人情報を集めると思います。
転職サイト、ハローワーク、新聞の求人欄、求人雑誌、人材銀行などなど。
様々な情報源をチェックして、希望の職種の会社を見つけ、応募することになります。
インターネットで就職活動をすることが常識となっている現在、リクナビネクストなどには登録しておくようにしましょう。

その時、手当たり次第に様々な業種、企業に応募しても良い結果は得られないようです。
まず、たとえ内定をもらったとしても、入社する前に考えてしまうのです
この会社で本当に良いのか、と。

結果として、入社するかどうかを返事するのがずるずると贈れ、結局入社するのを止めてしまった、などになってしまいます。
そして、散々迷っている間に就職活動の期間もどんどんと過ぎてしまい、結局就職先が決まらなかった、という事にもなりかねません。
学生さんの場合であれば、いつの間にか就職活動のピークが終わってしまい、残るは全く興味の持てない企業ばかり・・・。
フリーターでいいや、と就職せずに卒業することになります。

やはり、自己分析が大切なのです。
そういった迷いの部分をなくす作業が自己分析の一部といえます。
自己分析をして、本当にやりたい仕事、向いている仕事をしっかりと考えていくことが大切なのかもしれません。

就職の面接において、質問の一つとして志望動機を聞かれて「興味があったから」では、面接官にどう思われるでしょうか。
他の応募者がしっかりと志望動機を練り上げている場合、興味があったから、ではあまりに差がついてしまうことになります。

就職面接では「最後に質問はありますか?」と聞かれると思います。
新卒者の方であれば、特にありません、と答えても問題はないでしょう。
ぶっちゃけ、給料はどのくらいですか?と聞いても、笑って答えてくれるかもしれません。
しかし、中途採用を希望する方は別です。

「特に質問はありません」

という事は、企業に対して企業研究が足りないのではないかと判断されてしまう可能性があります。
質問がないのは、本当に入りたい気持ちが足りないということです。
本当に入りたい企業であれば、あれこれ疑問点があるはずです。
色々な角度から企業研究をし、あらゆる質問を想定して就職の面接に臨みましょう。

次の記事 ⇒ 退職理由

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?