退職の相談はいつするか

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職の相談はいつするか

退職の意思を伝えるタイミング

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職することを伝える

退職することを決断したら、早い段階で直属の上司に退職したいことを相談しましょう。

いきなり退職願(退職届)を持っていってもいいですが、日付などを自分の判断で入れた退職願は書き直しになるケースが多いです。

退職する日付は非常に重要です。

ここは上司とよく相談し、同僚やプロジェクトで一緒に働く人たちに迷惑のかからないスケジュールで退職するのがベストです。

転職を決心して、退職する意思を固めたら、前もって直属の上司に言わなければなりません。
上司に退職の意思を伝える、相談する時期はいつが良いのでしょうか。
民法では2週間前と定められていますが、実際には退職希望の日よりも3ヶ月程度早めに伝えておくと良いでしょう。

その前に、就業規則をチェックしましょう。
就業規則には、退職についても記されているはずです。
就業規則で「退職願(退職届)は退職日の●ヶ月前に提出すること」と定められていることがあります。
退職するに当たっては、まずこの就業規則に定められている時期よりも前に退職願を提出する必要があります。
これは、守るべきルールとして存在しています。
うっかり、転職先が先に決まって、後から就業規則を調べてみたらもう予定が間に合わない・・・というようなことのないようにしたいところです。

また、前述しましたが、退職願(退職届)は直属の上司に退職したいことを相談し、了承してもらった上で相談し、決めるものです。
自分勝手に日付を入れて退職願を提出しても、書き直し、後日相談となることが多いので、まずは上司に退職したいことを相談するようにしましょう。

一般的には退職の引きとめがありますので、上司を説得できるような前向きな退職理由もしっかりと用意しておくようにしましょう。

退職には意外と時間がかかりますので、上司への退職相談、引きとめの説得、業務の引継ぎ、あいさつ回りなどのスケジュールを考えて、余裕をもって準備をしておきたいところです。
そのため、退職希望日の3ヶ月前程度には、上司に退職の意思を相談しておくようにしましょう。
もちろん、退職を引き止められることなどもあり、3ヶ月では退職できないこともあります。

状況を判断し、半年前に退職の意思を伝えるなどするようにしましょう。

次の記事 ⇒ 退職の意思を伝える時に注意すること

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」