退職の意思を伝える時に注意すること

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職の意思を伝える時に注意すること

会社を辞めることを伝える

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職の意思を伝える

退職することを決断した後、直属の上司に退職したい意思を伝えることが必要ということを前述しました。
その時に注意しておくことがあります。

それは、たとえば上司(課長)のさらに上司(部長)と個人的に仲が良かった場合、ついその方に一番最初に退職のことを相談してしまいたくなることもあるかもしれません。
また、直属の上司とはどうしても仲が悪くて、嫌なやつだからと直属の上司(課長)を飛ばして、さらに上の上司(部長)に一番先に相談してしまう、などのことは避ける必要があります。

退職相談は、日ごろ支持を受けている、直属の上司にするべきものなのです。
一足飛びに退職の意思を相談してしまうと、直属の上司の面子もつぶれますし、評価を下げてしまうことになります。

退職するときに一番大切なことは、「円満退職」することです。

周囲に迷惑をかけずに退職するためには、直属の上司はもちろんのこと、一緒に仕事をしてきた同僚にも迷惑がかからないようにする事が大切です。

次の記事 ⇒ 退職の意思は、こっそりと伝える

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」