退職の意思は同僚にばれないように伝えましょう

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職の意思は、こっそりと伝える

退職の意思を伝える時は、周りにばれないように

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職の意思を伝える

退職しよう、と決断してもなかなか上司に退職したいことを伝えられない日々が続くかもしれません。

そうなんです。
退職することを上司に伝えるには、同僚や職場の人たちには原則として内緒にしておかなくてはなりません。
そのため、上司と二人きりになったときなどに、こっそりと伝える必要があるのです。

周りに同僚がいる中で堂々と退職したいことを伝えてはいけないのですね。
動揺が広がってしまいます。
目指すべきは円満退職ですから、そのような波紋を広げるような辞め方は良くありません。

しかし、忙しい業務の中では、なかなか上司と二人きりになる機会も少ないと思います。

チャンスは少ないですから、しっかりとタイミングを見計らいましょう。
タバコを吸いに行く時、急に同僚が持ち場をみんな離れた瞬間、一緒に昼食をとりに誘っても良いかもしれません。

また、今はeメールがありますから、メールで「実は大切な相談があるのですが・・・」と連絡しても良いでしょう。
よっぽどでなければ、時間を作ってくれるはずです。

なかなか上司に退職の意思を伝えるタイミングがない、という場合はメールを使ってみることも選択肢の一つです。
退職したいことを伝えられない、という事も考えて、退職するためのスケジュールは余裕を持っておいた方が良いのですね。
上司が時間を取ってくれた後は、しっかりと退職したいことをまずは相談のような形で切り出しましょう。
いきなり、辞めます!と言ってしまうと、上司も戸惑います。

次の記事 ⇒ 退職の意思はまず相談から

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」