退職の意思はまず相談から

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職の意思はまず相談から

退職はまず相談という形から

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職を相談

まずは、退職したいことを相談という形で伝え、その際には退職することが自分にとって必要なことであり、決して後ろ向きな理由ではないことを伝えましょう。

退職理由が職場の人間関係が馴染めなかった、仕事内容が好きにはなれなかった、職場環境が悪かった、給料が低いのが耐えられない、などの理由だと、上司も困惑してしまいます。

また、職場環境や賃金のせいにしてしまうと、改善するから退職しないで欲しい、退職願は撤回して欲しい、と言うことになると、それ以上あなたには退職する理由がなくなってしまいます。
ですので、退職理由としては、自分にとって本当に必要な退職、転職であり、その理由は前向きなものであることをアピールするようにしましょう。
そうすれば、退職を引き止められても説得しやすいでしょう。

また、退職理由が家業を継ぐため退職であったり、家族に病人がいて介護をしなければならないため退職しなければならないなどの退職理由であれば素直にそれを伝えましょう。

そして、できる限り仕事が続けられるようには努力したが、やはり退職することがベストという事になった、としっかりと伝えましょう。
それを伝えた場合、会社の都合が許せば、正社員からアルバイト、パートタイマーなどのような形で、仕事を続けられるように努力してくれる上司もいるかもしれません。
専門職であれば、在宅で仕事が出来るように計らってくれるかもしれません。
本当は仕事を続けたいのであれば、諦めずにそれを伝えることも大切だと思います。

事実、在宅勤務に切り替わったり、さらに働きやすいように次の仕事を紹介してくれたりといったこともあるようです。

退職理由は、しっかりとまとめておくことが必要です。

次の記事 ⇒ 退職願と退職届、辞表の違い

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」


 

退職願

退職したいということを、まずは相談という形で伝えると良いでしょう。

もちろん、相談からという限りではありません。
退職願を直接だしてしまうケースもあると思います。
状況に合わせて、退職の意思を伝えましょう。

退職を伝える際には、同僚にばれないようにすることが大切です

退職届 カテゴリ一覧

その他のカテゴリトップへ

オススメ記事