退職願の書き方(退職届の書き方)

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職願の書き方(退職届の書き方)

退職願を書く

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職願の書き方について

退職願の書き方(退職届の書き方)についてです。

退職することを直属の上司に相談し、引きとめも説得し、退職することに了承が得られたら、今度は退職願(退職届)を書かねばなりません。
退職願は一般的に、自己都合による退職の時に書き、提出するとされています。
転職するための転職などは自己都合になりますから、退職願いを提出することになると思います。

退職願として出すか、退職届として出すかは、就業規則または直属の上司に確認しておきましょう。
会社によっては、退職に関しての規則が決められていることがあり、また退職願(退職届)の書式、フォーマットも定められていることがあります
中には上司などから退職願の書式(フォーマット・雛形)をもらうケースもあるようです。

退職願の書き方ですが、退職願はシンプルに書くと良いでしょう。
特に、自分らしく文章を書いたりする必要はありません。

退職願いの書き方には何点か注意が必要となります。
以下、退職願いの書き方について見ていくことにしましょう。

次の記事 ⇒ 退職願の書き方 注意点

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」