退職理由

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職理由について

退職理由をしっかりと

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職理由

退職理由は非常に重要です。
最も重要といっても良いかもしれません。

退職する際にも退職理由はまず重要です。
なぜ自分が会社を辞めたいか、辞める必要があるのかの拠り所となります。
自己分析も関係してきますね。
上司に退職の引止めをされたときにも、退職理由がしっかりとしていなければ、揺れてしまいます。

また、次の職場を得るための転職の面接においても退職理由は非常に重要になってきます
前に働いていた会社をどうして辞めたのかという退職理由は、転職の面接で必ず聞かれる重要項目のうちのひとつです。
面接官は、あなたの退職理由から様々なことを判断しています。
その大きなところは、やはり「もしうちに入社しても、同じ退職理由で辞めてしまう可能性はないかどうか」です。

多大な時間と費用をかけて中途採用を行っても、また人材が辞めてしまえばやり直しです。
そうならないためにも、採用側としては可能な限り、熱意のある、今回採用したい能力を持っている人材を探しています。
今回採用したい能力、スキルはその時々で変わりますので、すごく有能でも不採用となることももちろんあります。
就職試験に不採用になったとしても、気持ちを切り替えて次の面接にどんどん進んでいくことが大切です。

退職理由がまず必要になるのは、上司に対してです。
退職したい意思を伝えると、大抵は退職を引きとめようとするはずです。
ここで上司を説得し円満退職するためには、しっかりとした退職理由が必要となります。
前向きで誰もが納得する退職理由をしっかりと用意しておきましょう。

退職願(退職届)を書く際には気をつけることは、本当の退職理由を書く必要がないということです。
逆に言えば、本当の退職理由は書いてはいけないということになります。
退職願には「一身上の都合により」と書きましょう。

退職理由が次に必要になるのは、求人募集に応募して、転職活動での面接でしょう。
ここでも退職理由が重要なのは前述しました。
退職理由をしっかりと用意しておかないと、面接官の鋭い突っ込みに対してつじつまの合わない答えを話してしまうことにもなりかねません。
内定は遠のいてしまうでしょう。
本当の退職理由がどんなものであれ、面接試験では前向きで熱意のある退職理由を話す必要があります。

しかし、退職理由をウソで固めることはやめたほうが良いでしょう。
くまでも、自分の中にある答えを探して、それを磨き上げておくべきです。
そうすることによって、論理的に繋がる退職理由を用意しやすくなるでしょう。

次の記事 ⇒ 本当に退職したいのかどうかを見極める

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?


 

退職願

退職にまつわることを掲載しています。
退職することを決断したら、準備をしていきましょう。

このカテゴリでは退職理由について掲載しています。
退職する際にも、転職活動をする際にも重要となる退職理由、しっかりとまとめておきましょう

退職理由 カテゴリ一覧

その他のカテゴリトップへ

オススメ記事