本当に退職したいのかどうか

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

本当の退職理由と表向きの退職理由

本当の退職理由はなんですか?

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

退職理由 表と裏

退職理由

表の退職理由と裏の退職理由、2つある方も多いのではないでしょうか。

本当の退職理由は往々にしてネガティブなものが多いのです。
実際、退職理由のトップは、職場の人間関係といわれています。

これをそのまま次の転職の面接で言ってはいけません。
コミュニケーション能力の低い人、職場に馴染めない人、と判断されて不採用になってしまう可能性が高いでしょう。
ネガティブな本当の退職理由を伝えると、採用は遠くなってしまいます。

転職の面接で、「前の職場の人間関係が嫌だから辞めました」。
そんな理由を堂々と言う人間をなかなか採用する人がいないでしょう。

退職を引き止める上司を説得するにしても、前向きで納得するような退職理由を用意する必要がありますね。

その表向きの退職理由を作るためにも、一度会社を辞めたい理由を洗い出してみましょう。
紙とペンを用意し、とにかく退職したい理由を紙に書き出します。

そして、書き出した後で、前向きな理由に発展できそうなものをピックアップします。
それをどんどん発展させていきます。

全て作り話の退職理由を就職面接などで話そうとしても、どうしてもつじつまが合わなくなったり、表情に出てしまうものです。
面接官が何百人と中途採用者に会ってきている猛者であった場合、簡単に見抜かれてしまうでしょう。
それよりは、少なくとも自分の中にある退職理由を発展させていった方が論理的な綻びが少なくなります。
書き出した退職理由から、前向きな退職理由を作れそうなものをピックアップし、発展させていきましょう。


自分の退職理由を書き出すことはまた、自分が本当にやりたい事を再確認する作業にもつながります。

退職し、転職をする。
せっかく新しい仕事にチャレンジする機会ですから、自分にあった会社、職業につけるように、ベストを尽くしましょう!

転職活動に便利な転職ポータルサイトには、転職ポータルサイト ジョブダイレクト などがあり、国内の様々な求人情報を縦断してまとめて求人情報をチェックできるので非常に便利です。
ぜひ利用したい転職ポータルサイトのひとつです。

★オススメ記事もごらんください

転職活動のオススメはこちら
本当の退職理由と表向きの退職理由
失業保険や年金手続き、退職後の準備は大丈夫ですか?
クレジットカード、退職後は審査が非常に厳しくなるのをご存知ですか?

 

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?