転職活動。在職中?退職後?

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

転職活動をする時期

辞めてから転職活動する?

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

転職活動はいつすれば良いか

転職活動をする時期は非常に大切です。

退職した後も、生活していくためには仕事をしなくてはなりませんから、在職中に転職活動をするか、退職後に転職活動をするかをあらかじめ決めておく必要があるでしょう。

行き当たりばったりで転職活動をしても、なかなか希望の職種の企業から内定をもらうのは厳しいでしょう。
そもそも、どんな仕事をしたいのかを決めておく必要があります。

倒産やリストラなどのケース以外では、まず転職活動をいつするのかを決めることが重要です。
在職中に転職活動を行うことと、退職後に転職活動を行うこと、それぞれにメリットデメリットがあります。

退職後に焦って妥協して転職先を決めてしまい、結局またすぐに退職してしまった・・・
という事のないように、せっかく自分のやりたい仕事に就けるチャンスですからしっかりと活かせるように準備しておきましょう。

このカテゴリでは、在職中に転職活動を行うことのメリットとデメリット、退職後に転職活動を行うことのメリットとデメリットについて書いていこうと思います。
また、実際に利用したことのある転職サイトなど、便利な転職サイトもご紹介しています。
転職活動は情報収集力が大きく差を分けます。
利用は無料ですので、可能な限り登録して、サービスを使い倒すと良いでしょう。

次の記事 ⇒ 在職中の転職活動 メリットとデメリット

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」