転職活動。在職中の転職活動、メリットとデメリットについて

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

在職中の転職活動 メリットとデメリット

在職している間に転職活動

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

転職活動を在職中にする

転職活動をいつするかについてです。
在職中に転職活動をする場合のメリットとデメリットを考えてみます。

在職中に転職活動をするメリット

在職中に転職活動をするメリットは、やはり給料があるということに尽きます。
働いている間であれば当たり前のことですが、無職になってみると、給料があることの凄さが体験できると思います。

収入はないのに、支出がそれを上回る。

人間お金ではない、とは言いますが、お金がないと生きていけません。
選択肢もなくなっていきます。
最後には心も荒んでしまいます。
焦って自分が一番選びたくない業界を転職先にしてしまうこともあるでしょう。

そういったことをも引き起こしてしまうのが、生活費の欠乏です。
家族がいる場合、生活費が底をつきかけてくると家庭の不和をも引き起こしかねません。

在職中に転職活動をすることで、そういった生活費の心配は当面はなくなります。
最低限生活できるという安心のうえで、転職活動をしていくことが出来ます。
お金に焦らずに転職先を決めることが出来ることがメリットです。

在職中に転職活動をするデメリット

在職中に転職活動をする上でのデメリットは、本業があるために時間の制約があるということです。
思うように転職活動が出来ない場合もあります。
そういった場合は、あなたに代わって転職情報を集めたり、履歴書などを応募先企業に送付してくれる転職エージェントを利用すると良いでしょう。
自分で転職活動をする時間がないのなら・・・そうです、人に少し手伝ってもらいましょう。
利用は無料です。使い倒しましょう。
代表的な人材紹介会社としてはリクルートエージェントやがあります。
上手く使いこなして、少ない時間を有効活用したいところです。

本業で営業職などについているのであれば、時間をなんとかやりくりして転職活動を行うことも出来るかもしれません。
しかし、内勤で事務職や受付などであれば、そうそう何度も会社を抜けたり、休んだりは出来ませんよね。
ハローワークの時間にも当然間に合いません。

そういった方たちは、やはり人材紹介会社や転職サイトを利用しての転職活動がメインになるのではないでしょうか。

ちなみに、転職活動に適している時期として以下が考えられます。
1月〜3月、7月〜9月です。
リクナビなどの転職サイトをはじめ、転職ポータルサイト ジョブダイレクト など様々な求人情報媒体で、求人が活発になるかどうかをチェックしておくと良いでしょう。
人材派遣会社に登録しておくという手もあります。

次は退職後に転職活動をするメリット、デメリットを見てみましょう。

次の記事 ⇒ 退職後の転職活動 メリットとデメリット

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」