転職活動。退職後の転職活動、メリットとデメリットについて

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

退職後の転職活動 メリットとデメリット

退職後に転職活動

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

転職活動を在職中にする

転職活動をいつするか、についてです。
退職後に転職活動をする場合のメリットとデメリットを考えてみます。

退職後に転職活動をするメリット

退職後に転職活動をするメリットは、本業に時間を制約されることがありませんので、じっくりと転職先を探したり、企業研究をする事ができることです。
自分の納得がいくまで、求人情報を集めたり、履歴書や送付状、職務経歴書の作成に時間をかけることができます。
これらの就職活動、転職活動の準備をしっかりと行うことで、採用面接の準備もばっちり、志望動機も完璧に仕上げて準備万端で面接などに向かうことができますね。

また、時間に余裕がありますので、次の転職先、転職したい業種のために資格取得などの勉強を行うことも出来ます。
資格取得などでスキルを磨いているということは、転職活動の採用面接でも自己アピールに使えます。
時間が出来たから、と遊ばずに資格の勉強などもしっかりとしつつ、より良い転職に向けて準備しておきたいところです。

前に働いていた会社をどうして退職したかという退職理由も非常に大切です。
この退職理由も、時間がありますのでしっかりと練り直して、前向きな退職理由にしておくと面接対策としては非常に良いでしょう。

退職後に転職活動をするデメリット

しかし、時間があれば良い転職先が見つかるというわけではありません。
給料は入らなくなったのに、お金は今までと同じように出て行きます。

人によっては、どんなに履歴書を郵送しても、面接に進むことすら出来ない。
面接試験に合格せず、全く内定がもらえない。

そんなケースもあるかもしれません。

転職活動が長期戦になったときに一番の弱点は、生活費がなくなることです。

生活費が底をつくとき、人は「妥協」してしまいます。
あなたには、同じような妥協の就職はして欲しくないと思っています。

詳しくは次のページをご覧下さい。

次の記事 ⇒ 退職後の転職活動 妥協の就職

[PR] IT・インターネット業界にも強い!幅広い業界・職種があります ⇒ 豊富な転職支援実績、ノウハウでサポート「マイナビエージェント×IT」