転職活動 ハローワークを利用する

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

ハローワークを利用する 求人の情報源

転職活動の情報源

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

ハローワークを利用する

就職活動で忘れてはならないのが、ハローワーク(職安)です。
公共職業安定所です。
全国の都道府県に設置されています。

ハローワーク失業保険をもらうための場所ではありません。
ハローワークの利用経験があっても、失業保険の手続きだけしかしていない、という方は実際多いようです。
また、職安というと失業している人が利用する場所、というイメージが強いかもしれませんが実際には失業していなくても利用することが出来ます
利用は無料です。

ハローワークの抱える圧倒的な求人情報を利用しない手はありません。
しかも、求人情報は全国のものを閲覧することができます。
特に中高年の方は転職サイトや求人情報誌を見ても、まず年齢で採用対象から外れてしまうことが多いです。
求人媒体によっても、求人の傾向というのがあるのですね。
ハローワークもインターネットサイトがあり、ハローワークインターネットは自宅からでも見ることが可能です。

その中で、ハローワークの求人情報は比較的年齢制限の高い求人もある方だといえるでしょう。

ハローワークを利用する際に便利なのが、各求人情報が同じフォーマットでの求人票を出しているので比較しやすいことがあげられます。
また、ハローワークには職業相談所や適性検査所などが一緒に設置されているところもあります。
相談窓口では、転職活動などで疑問や不安に思うことなどを相談してみましょう。
キャリアカウンセリングなどもある場合、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ハローワークの利用は、各施設によって利用できる時間帯が異なっていますので、事前に調べておきましょう。

ハローワークも転職活動の情報源の1つとして、しっかりと利用しておきたいですね。

また、人材派遣会社をチェックする時は、多くの人材派遣会社をまとめてチェックできもありますので、そういったサイトを利用すると便利です。

次の記事 ⇒ 求人情報誌を利用する 求人の情報源

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?