転職活動 求人情報誌を利用する

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

求人情報誌を利用する 求人の情報源

転職活動の情報源

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

求人情報誌を利用する

求人の情報源、求人情報誌です。

新聞と同じように、手軽に求人情報を得られるのが求人情報誌です。
デューダなど有名ですね。
昔から転職活動には欠かせない求人媒体ですね。

転職だけではなくて、アルバイトを探す時によく利用していた方も多いのではないでしょうか。
転職活動におけるビジネスマナーや役立つコラムなどもあり、読み物としても充実してきています。
転職活動のモチベーションが下がってきた時に目を通すと、またやる気がでるかもしれません。

求人情報誌はそれぞれで異なりますが、週刊、隔週刊など発行ペースが変わります。
気をつけることは、求人情報誌の求人情報は鮮度が短いということ。
実際に応募してみたのは1ヵ月後・・・となると、もう募集自体が終わっていることも。
求人募集を見たら、少なくとも次号が発売されるまでに応募した方が良いでしょう。

求人情報誌は掲載されている求人件数が多いので、読者が探しやすいように分類されています。
一般事務、エンジニア、営業、販売、などの職種、また地域別、沿線別などでも分かれていますので、仕事情報を探しやすいでしょう。
求人の広告スペースも新聞よりも大きくとられていますので、より詳細な仕事情報が分かります。
仕事内容、給与や保険などの就業条件などが掲載されています。

求人雑誌も様々なターゲット向けのものが発売されています。
自分の希望する職種、業界にあったものを選んで購入すると良いでしょう。

中には無料の求人情報誌もあります。
有効に活用していきましょう。

また、人材派遣会社をチェックする時は、多くの人材派遣会社をまとめてチェックできるサイトもありますので、そういったサイトを利用すると便利です。

次の記事 ⇒ 人材バンクを利用する 求人の情報源

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?