転職活動 求人の情報源 まとめ

IT業界での転職を目指す方へ。IT・インターネット業界にも強い ⇒ IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT

日本最大級の転職サイト、リクナビNEXT。あなたのキャリアにスカウトが来るかもしれません(オファーが活発に動いています)。
みんな使ってる、社会人のための転職サイト ⇒ リクナビNEXT

[PR]最高2年間、仕事をせずに生活費をもらう方法とは?
⇒  病気で会社を辞めても、貯金がなくても大丈夫!会社を辞めて不労所得で生活する法

[PR]私でも会社都合退職できますか?失業保険と退職金をすぐに、2倍もらうための方法。
⇒  失業保険と退職金をすぐに、2倍もらった!会社を辞めて102万5,110円得した法

求人の情報源 まとめ

転職活動の情報源

今、これから、転職活動をする方へ。

リクルートエージェント
|国内トップクラスの転職支援実績|オススメ度5

次の転職は失敗したくない、年収アップを狙いたい。
国内トップクラスの転職支援実績は、企業からも転職希望者からも、大きな信頼です。

企業からの求人、募集案件は常時多数。
実績があるからさらに良質な求人案件が集まるという好循環。安心して利用できる人材紹介会社です。

業界最大級の求人数。約9割が非公開求人!

次世代リーダー向けの好条件求人も多数。年収1,000万円以上、大手企業やマネージャー・管理職を目指す方も相談してみてください。

詳細はこちら ⇒ リクルートエージェント

求職活動の情報源

求人の情報源について、最後にまとめてみようと思います。

就職活動をするときには、基本的に使えるものは全て使う気持ちでいった方が良いと思います。
当然企業は全ての求人広告媒体に求人広告を掲載しているわけではありません。
そのため、実は自分の希望している企業が、自分はチェックしていなかったあちらの転職サイトに求人広告を掲載していた。しまった!
という事も実際に起こるのです。

転職サイトを始めとする転職支援サービスは、基本的に利用は無料です。
そういった意味から、転職に関するサービスは使い倒すことをオススメしています。
リクナビ転職ポータルサイト ジョブダイレクト などに登録すると使用できる、企業からのスカウトメールが来る機能なども、登録しておいて損はないと思います。

また、多くの転職サイトの情報をまとめて縦断してみることの出来る転職サイトもあります。
転職サイトを比較してみるのも良いでしょう。

また、求人媒体ごとに、強い業界、よく掲載されている業界の特色があります。
特に新聞が顕著です。
自分が就職したいと考えている業界に強い新聞、業界新聞、雑誌などは忘れずにチェックしたいところです。

ありがちなのが、失業中の方はハローワークに頼った就職活動をしてしまう、在職中の方は転職サイトのみを見てしまう、などといった情報の偏りです。

前述したように、それぞれの求人情報媒体で、持っている求人情報が変わります。
そのため、多くの求人情報源にあたっておくと、希望の求人情報を見つけられる可能性が高まります。

転職サイトハローワーク人材銀行人材紹介会社転職フェア新聞、タウンワークなどのフリーペーパー、様々な求人情報源がありますので、一つに偏らずに、様々な情報源にあたるようにすると良いでしょう。

また、人材派遣会社をチェックする時は、多くの人材派遣会社をまとめてチェックできるサイトもありますので、そういったサイトを利用すると便利です。

★オススメ記事もごらんください

転職活動のオススメはこちら
本当の退職理由と表向きの退職理由
失業保険や年金手続き、退職後の準備は大丈夫ですか?
クレジットカード、退職後は審査が非常に厳しくなるのをご存知ですか?

 

質問 ⇒ 次の転職先は決まっていますか?